リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

時代は変わる。ある日突然隣に旅行者が。。。 


民泊新法が施行されてから早一ヶ月。
街中を歩いていると「こんなところに?」という場所に、
突然スーツケースをガラガラする人達が出入りする事があるようです。
先日はその一現場に遭遇しました。

都内では民泊の先駆けてで特区民泊制度がある大田区。
外見や規模、立地からはごくごく普通のマンションにしか見えませんが、
実はエアビーで1泊8000円でしっかりと募集されておりました。

fc2blog_20180724080202c04.jpg fc2blog_20180724080257684.jpg



新法は180日の規制があるものの、これからご近所に、
”いきなりスーツケースが、、”という時代となるかもしれません。。
完成な住宅街とか商店んが多いからということよりも、
用途地域がポイントになりますのでご注意を。

各自治体の条例は公開されておりますのでご参照を。




そして、先日出たこの記事。
住宅専用地域にコンビニ。。。
コンビニはもはや生活インフラなのです。
激しく同感。

konnbini.png 


それから、都内では増加中の旗竿地の長屋アパート建築。
投資用のアパート物件ではよく見かけますが、
戸数によっては通路幅の制限をすべきだとの見解もあるようです。


用途地域の話で言えば、30年前は郊外住宅地に家をもっていましたが、
ライフスタイルが変わり今のトレンドは都市居住。
駅前再開発をはじめ、商業地域の土地はデヴェロッパーが目を粉にして探すマンション用地。
そして駅徒歩圏内の工業系地域は宅地化がすすみ、
本来の物流施設や工場を建てようとすると住民反対。


不動産取引をする場合、
「法令は現在のものであって、将来は改正される可能性があります。。」
との一文が必ずはいります。

購入の際は周辺をよくみてから検討する必要がありますね。
そして、近隣で新たに増えている業態は、もしかしたら新たなニーズかもしれません。
味方を変えればビジネスチャンス。ただし、法令順守は忘れずに。。









[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/850-e3b90dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示