リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

CCIM(米国認定不動産投資顧問)について 

昨年の6月から半年間受講していた、
CCIM(全米認定不動産投資顧問)の全授業を終了して、
先日最終試験を終えて来ました。

同業の方やクライアントの方から
「そんなに長時間、一体何を勉強しているのか?」と言われることもありますが、
内容はざっとこんなかんじです。

CI101 事業用不動産投資の財務分析
CI102 事業用不動産投資の市場分析 
CI103 事業用不動産投資のユーザー決定分析
CI104 事業用不動産の投資分析
CCR  最終試験事前講習&最終試験

事業用不動産ですので扱う物件は、
アパート、マンションだけでなく、
工場やショッピングセンター、
オフィスビル、店舗、等等様々です。

CI101では、CPM(米国公認不動産経営管理士)でもやった、
「投資分析」ですが、自己資本利回り、レバレッジの掛け方、
内部収益率の他、新たに”資本蓄積法”が登場します。
何しろ、初めの授業でCPM(米国公認不動産経営管理士)でやったばかりの
内部収益率の欠点から始まりますのでなかなか刺激的です。

CI103は「ユーザー決定分析」。
ユーザーって誰のことかと言うと、
言ってみれば、テナントのことです。
オーナー側ではなく、テナント側からみた分析。
考えてみれば当然ですが、
オーナーとテナントは利益相反ですから、
テナント側のコンサルがあって当然なのです。。
不動産先進国ですyo。。

賃借権の価値や、ビルを借りるか買うかの比較分析、
そして借りるか土地買って建てるかどうか、
現況運用かリノベーションするか?
等今が旬の分析もやります。

明日にでも実務で使えるネタが満載なのです。。
当社でやっているワンストップサービルにも活かせるんです。。


最終試験CCRでは、
例題として5年前に購入した物件の、
今後5年間の分析をパターン化して検証。

・継続保有
・借換選択
・買換え選択

(授業はこんな感じです。。)
IMG_0664.jpg


・税引き前後で内部収益率がどう変わったか、、、
・利回りはレバレッジ効果であがったか、、、
・そしてその原因は何なのか、、、

計算式は単純な加減乗除ばかりですが。
クライアントにとってのベストアンサーを導くには
他にないトレーニング、密度の高い6カ月でした。

費用は安くありませんが、
安いかどうかは人それぞれ、

ご興味あるかたは是非チャレンジ!!
IREM-JAPAN(アイレムジャパン)



IMG_0699.jpg IMG_0701.jpg
IMG_0686.jpg


結果は早々に判明し、「合格」でした。
安心して仕事に活かせますね。。
IMG_0690.jpg

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
新築収益物件・不動産投資・リノベーション・土地活用
「賃貸住宅の作り方」更新中!
土地から仕込む、妥協なしの新築一棟マンション・不動産投資
→→→ http://shuuekibukken.blog.fc2.com/
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/701-9ef1d782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示