リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

賃貸経営、火災保険が高くなる? 

先日は、業界向けの勉強会に参加させて頂きました。
不動産関係が7割、士業(税理士、弁護士、司法書士)が1割、建築関係が1割と言ったところでしょうか。



異業種交流会や情報交換会は自ら検索してみて参加していた時期もありましたが、
最近はお誘いを受けた会には参加させて頂いております。
業種は違えども、同じクライアントの仕事を協業でやる場合に、
大事なことは価値感、考え方と思います。
そこが共有できないと、仕事はうまくいかない、、、。
どんなことを優先して動くか、
誰の利益を優先して動くか、
誰と組んでやるか、、
今後ますます業務範囲が広がる時代、
競争も激化で仕事が減る時代、
パートナーは大事ですね。。


ところで、タイトルの「火災保険の値上げ?」の話。
どんなことかと言うと、これまで最長36年の保険契約が、
10月以降は最長10年となるというもの。


異常気象や災害等で、将来的な予測が難しくなったためだそうで、
考えてみれば、35年間の火災保険に入れたことが今となっては不思議なことなのかもしれないですね。。
最長36年が、最長10年となると、一時的に支払う保険は安くなりますが、
年間の支払いに換算すろと上がるということです。
30年間の保険に1年目に全額支払って加入する場合、
10年毎に3回に分けて支払う場合、
解約した場合の返戻金も踏まて検証してみる価値はあります。
どれが良いかは、人それぞれと思いますので、気になる方は保険会社の方にご相談を。

CPM(米国公認不動産経営管理士)のファイナンスの授業でもこの手のトレーニング、
やったなぁ、、

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/660-f595e5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示