リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

資格で飯は食えない、、、、 

昨日は夕方より、IREMJAPAN【アイレム・ジャパン】東京支部の役員会へ出席。
IMG_4559.jpg

今月下旬より始まる、2015年のCPM講座の受講者数が昨年を大幅に超える数になっているようです。
なんともうれしい話。

不動産経営管理「プロパティマネージメント」系の人や、不動産売買系の方等、
不動産業界でもIREMJAPANの活動が広がっているようです。

CPM(米国公認不動産経営管理士)は全12講座を半年間かけて受講します。
<講座の主な内容あ以下の通り>
1.ETH800 プロパティマネージャーのための倫理
2.MNT402 不動産のメンテナンスとリスクマネジメント
3.FIN402 プロパティマネージャーのための金融計算と戦略
4.HRS402 プロパティマネージャーに必要とされる人材管理
5.MKL405 プロパティマネージャーのためのマーケティングとリーシング
6.ASM603 不動産資産の融資と評価方法
7.ASM604 不動産資産の実績評価
8.ASM605 不動産資産の実績評価―上級応用
9.CPM001 検定試験 事前勉強会
10.CPM検定試験
11.BDM602 マネジメントプランの書き方と使い方
12.MPSA CPM取得のための最終試験

不動産のメンテナンスやリーシングや、評価方法、投資分析、
ファイナンス(融資)を使ったレバレッジの掛け方等、
受講してみると、目からうろこ!
本当に盛りだくさんの内容です。

受講してみて印象深かったことは、
ETH(倫理)の授業や、HRS(人材雇用)の講義があること。
実は、創業間もない私にとってはこの講義が本当に価値ある講義となったのです。

会社の所属してこれからPMを強化していこうとする方は勿論のこと、
これからPM会社・AM会社として独立開業を目指す方にも是非ともお勧めです。
詳細や、活動内容にご興味がある方は事務局までお問合わせ下さい。
http://www.irem-japan.org/
TEL:03-5422-8404

さて、その後はSA(相続アドバイザー)協議会の副理事長、
相続のコンサルティングといえばこの方、
野口賢次先生の講演。

CPMのメンバーでも、SA(相続アドバイザー)協議会の受講者は多く、
私自身も第33期の受講生です。

野口先生の話は2度目ですが、聞く度に唸ってしまうことばかりです。
IMG_4564.jpg IMG_4565.jpg


<テキストより>
資格=経験・知識・ノウハウ=学ぶことで得られる
人格=謙虚・感謝・強さ・優しさ・気遣い・人間力=気づくことで得られる

●人格の伴わない資格は、多くの人を不幸にしてしまう。

資格から人格の時代へ

○お客様の利益を優先する姿勢(正直者)が報われる時代
○人格が飯を食わせてくれる時代
○資格に人格が伴った人が生き残る時代
<以上>

耐震偽装事件を起こした建築士の事が取り上げられましたが、
士業として仕事をする以上最も重視すべき「考え方・倫理観」について改めて考えさせられました。

そして、謙虚さがなくなる14の兆候(素心塾塾長 池田繁美さん)について
1.時間に遅れだす
2.約束を自分の方から破り出す
3.あいさつが雑になり出す
4.他人の批判や社会の批判をし出す
5.すぐに怒りだす(寛容さがなくなる)
6.他人の話を上調子で聞き出す
7.仕事に自信がでてきて、勉強をしなくなる
8.ものごとの対応が緩慢になってくる
9.理論になりだす(屁理屈を言う)
10.打算的になり出す(損得勘定がしみつく)
11.自分が偉く思えて、他人が馬鹿に見えてくる
12.目下の人に対しぞんざいになる
13.言い訳が多くなる
14.「ありがとうざいます」と言う言葉が少なくなる(感謝がなくなる)

十分すぎる程身にしみました、、、、。

IMG_4567.jpg IMG_4568.jpg

尚、「相続アドバイザー」の受講に関する問合わせはこちらからご覧下さい。
【NPO(特定非営利活動)法人相続アドバイザー協議会】


最後は、皆さんで懇親会。
IREMとSAの倫理観を共有できたのではないかと思います。
こういう場に来ると、日々の行動指針がよりクリアになるのでとても有難い機会ですね。
IMG_4570.jpg IMG_4572.jpg IMG_4571.jpg

ご興味ある不動産関係、建築関係の方は参加してみてもよいかと思います。
仕事の幅も人間の幅も、きっと広がります。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/644-d83ac0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示