リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

一億総DIY時代か。 

連休最終日は、戦後の昭和24年、日本に初めてやってきた、
アジア象「はな子」を見に井の頭自然文化園に行ってきました。

象はこんなに長寿なんだ、、、、、

立ち振る舞いや後ろ姿の貫禄に、命あるものみな同じだなぁ、、と関心です。





さて、先日友人の新築住宅を見に言ってきました。
土地を購入して、自ら工務店へ工事を発注して建てた注文住宅です。


外部は黒基調の塗り壁に、木彫のバルコニー。



天井の木は質感によっては重たくなり圧迫感が残りますが、
材質と仕上具合といい、とてもきれいなディテールでした。
又、プロが見ればわかりますが、天井からの下がり壁無しで納められたサッシも中々の仕上がりです。
ダウンライトの配置も取りあえず均一配置ではなく、メリハリをつけてのレイアウトがなかなか決まってます。

一見すれば、設計事務所の仕事にみえますが、
実は、工務店の若手監督が全て監修という住宅なので取り上げてみました。

画一的なメーカー仕様(最近はバリエーションに富んでますね)ではなくて、
自由設計で、デザイン性が高い意匠設計は工務店単独ではなく、
通常は提携の設計事務所とのコラボでやることが多いです。
自分が過去に在籍した工務店もそうでしたから、、、、。

でも、この住宅を設計施工一括で受注した会社は、
全行程を工務店の監督が(実際図面を書いたりするのは専門のスタッフがいるとして)できるように教育しているようです。
そんな人材教育はかなり難しいのですが、今回見て見ると形になっているのだから凄いです。

その工務店の反響はかなりの数だそうで、実際にこの住宅も打合が始まるまで数カ月の待ち時間があり、
土地決済から完成までは実に1.5年もかかっています。
待ちのお客さんが何十組もいるそうです。


一方こちらは、某北欧系の家具販売店が始めた「18㎡ 1K」タイプのモデルルーム。
35㎡の1LDKタイプもあれば、70㎡3LDKタイプもあります。

部屋の面積で客層を想定してライフスタイルを演出。
上手いです。


2段ベッドならぬ、ロフト式ベッド。
下段はソファが置けるようになっており、
2.4mの天井高さでも上下二重の空間利用ができるようになってるんです。。。


ちょっとした隙間をクローゼットっぽく見せるレイアウトはさすがと言ったところ。


玄関廻りの収納棚なんかは、日本の住宅事情をよく考えたコンパクトな商品企画がされています。
そのまま賃貸マンションのモデルルームにも使えそうで、参考になります。


ちょうど20代のカップルがウロウロしており、
「スげーー楽しい、、、!!」とはしゃいでました。


今、ものづくりの環境は確実に進化していると思います。
誰もが、インテリアにこだわるように成ったし、
それに答えるメーカーの商品も性能、デザイン面でかなり改良がされました。
工務店で家を建てた夫婦は、
奥さんが雑誌の記事をスクラップして、
その中から自分好みで編集をして設計したようなもの。
そのリクエストを上手く取り纏める工務店があっての家ですが、
設計者に求められる力量は何だろう、、、と色々と考えてしまいます。

はな子の家、もうちょっとなんとかしてもいいのに、、

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
新築収益物件・不動産投資・リノベーション・土地活用
「賃貸住宅の作り方」更新中!
土地から仕込む、妥協なしの新築一棟マンション・不動産投資
→→→ http://shuuekibukken.blog.fc2.com/
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/632-c800282f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示