リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

倒壊の恐れがあるビルの隣で、マンションを建てる? 

東京都心のど真ん中で、こんなビルを見付けました。。
外観からは築40年クラスの古ビルか、、、、と思いきや、、、
IMG_0412.jpg




エントランスに行くとこんな掲示があるんです!!
”大地震の際には倒壊の危険性がある、、、”
IMG_0409.jpg
見るだけでもびっくりしてしまいますが、
今後はこのような掲示を見かける機会が増えるかもしれません。


ご存知の方も多いかと思いますが、
東京都では平成23年3月18日に「東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」が公布されました。
日付を見ると震災直後ですが、勿論事前に制定をしており偶然にも震災直後の公布となりました。

条例の中では「特定緊急輸送道路」が指定されますが、この道路に面する一定の建築物の所有者に、耐震診断や耐震改修の実施状況等についての報告義務が課せられております。
都内の主要幹線道路、環七とか、●●街道とか、、、は大体該当します。

その結果”大地震の際には倒壊の危険性がある、、、”となったと推測しますが、
解体するにも、耐震補強するいもコストがかかります。


耐震化がなかなか進まない原因の一つです。。。。


<外壁には網がかけられております。。。>
IMG_0408.jpg



実は続きがあって、上記写真は1カ月前に撮ったものですが、
先日通りかかると隣の空き地に何やら白い看板が、、。
222.jpg111.jpg


マンションの建設。。。

都心は大規模ビル用地は別として中規模以下のビルはなかなかテナントに苦戦します。
ですのでビルの跡地にマンションの建設がされることは良くある風景ですが、
建設場所の隣にこんな張り紙があるとやっぱビビるなぁ。。。。。


この物件がどうか知りませんが、
新築物件でも、隣にある建物の耐震化具合によって何かしらの配慮が要りそうです。
耐震問題は不動産単体の問題ではなく、近隣にとっても重要問題となりそうです。

そして、企業所有のビル以外にも個人で保有しているビルには、”相続問題”が絡んできます。
相続して次の世代がビル経営をするか、、、、
耐震にコストをかけてもビル経営として収支に見合うのか、、、
テナントが入らず、返済すらままならない、、、


これを解決するには、様々な課題が見え隠れします。

・不動産経営の問題
・改修、耐震の問題
・次世代への賃貸経営の引き継ぎ、相続問題。
等等、、結構大変です。


誰に相談して良いのやら途方に暮れている方を見かけましたら何なりご相談ください。
方針策定する上でのルートはお示し出来るかと思いますので。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
収益物件、一棟マンションを土地から仕込む!
「東京16区 収益物件の作り方」
土地から仕込む、妥協なしの新築一棟マンション・不動産投資
→→→ http://shuuekibukken.blog.fc2.com/
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
借地や底地のことでお悩み、困ったことはありませんか?
借地権、底地の専門サイト【借地底地ガイド】はこちら
借地底地banner_convert_20130228222728
→→→ http://shakuchisokochi.blog.fc2.com/
電話相談、メール相談はお気軽にどうぞ!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/572-19526c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示