リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【借地・底地Q&A】底地の買取りとは? 

【借地・底地Q&A】底地の買取りとは?


「底地、そのまま買取ます!」


こんな広告を業界誌では以前からちらほらみておりましたが、先日は電車の中吊広告で見かけました。


底地のストック自体、当然ですが(更新を機に整理する傾向にありますから、、)年々減少傾向にありますので買取も激戦と言うことでしょうか。

又、平成27年からは相続税の基礎控除見直し等を含め増税がありますので、

相続対策の基本である底地の整理にいままで手をつけてこなかった地主さんも手を付け始めたのかもしれません。


さて、「底地の整理」とよく言いますが、「底地の整理」とはどんなことでしょうか?


少し解説します。


底地とは、当コラムでえ何度か開設しておりますように、地主名義の土地の上に借地権者の名義の家屋が登記されている状態の不動産です。

地主は何らかの理由で底地を売却する場合はまずは借地権者に打診するのが一般的ではないでしょうか。

借地権者が購入するのであれば底地は借地権者の名義となり、借地権は土地建物を所有して土地は「所有権」となるのです。


しかし、場合によっては、借地権者が資金的事情、タイミングが合わずに購入しない場合もあります。


地主としては何としても売りたい、、、、、。でも買手がいない、、、。


そこで登場するのが「買取会社」です。


基本的には宅地建物取引業者、あるいは少数派ではありますが投資家が購入を希望する場合もあります。


買取会社の場合のメリット・デメリットは何でしょうか?


メリットは、何といっても直ぐに購入してくれる(換金性の問題の解消)ことでしょう。
広大な土地で分筆していない場合で購入してくれる会社もあります。


デメリットは、やはり買取価格が借地人へ売却する場合よりも割安ということです。
借地権者と取引する場合は安くても「相続税評価額」程度。
公示価格程度のケースも多いです。



買取がお勧めのケースはどんな場合でしょうか?
列記してみます。

・一次相続前で大量に底地があるが早めに整理したい。
・管理や更新の度の交渉事から解放されたい。
・収益不動産への組換えを予定しており、早めに購入したい

等等

一括で処理するか、個別に時間をかけて処理するか、ケースバイケースだと思います。
底地活用の方針策定等、遠慮なくご相談ください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
収益物件、一棟マンションを土地から仕込む!
「東京16区 収益物件の作り方」
土地から仕込む、妥協なしの新築一棟マンション・不動産投資
→→→ http://shuuekibukken.blog.fc2.com/
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
借地や底地のことでお悩み、困ったことはありませんか?
借地権、底地の専門サイト【借地底地ガイド】はこちら
借地底地banner_convert_20130228222728
→→→ http://shakuchisokochi.blog.fc2.com/
電話相談、メール相談はお気軽にどうぞ!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
耐震診断・耐震補強・耐震リフォームでお悩みはありませんか?
旧耐震基準建物、住宅、マンションオーナー向けサイト【耐震116】
top6.png
→→→ http://taishin116.blog.fc2.com/
無料相談・お問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/493-70485916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示