リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

収益物件用地のポイント、「接道」と北側斜線。 

今日は午前中恵比寿で打合、午後から管理物件がある江東区に来ております。

猿江恩賜公園のそばの風景。



いつも通るたびに撮ってしまいます。

水辺に、公園、ビル群、スカイツリー、、。

東京は自然が少ないと、九州にいるときは勝手に思っていましたが、そうでもないです。



今日は水曜日と言うこともあり、物件を4つ下見してきます。

収益物件用地、まだまだありますが、プランニングする上でいつも負担になるのが、東京都の「高度斜線制限」。


第一種から第三種まであります(渋谷区より抜粋)。
高度斜線


低層住宅地は第一種、中高層住宅地は第二種、商業系は第三種、、、てなイメージです。

道路の幅や、位置、土地の形状によって容積の消化がかわってくるのが、中高層住宅地の第二種高度地区。

隣地境界線上で5m立ち上がって、そこから真南方向にかかってきます。

収益物件は、階数でもEV無しで3階~4階。

階高2.7m程度とすれば、3階から第二種高度地区で建物が削れらます。



これが、真北が道路だと、道路の反対側から高度斜線が発生するので有利です。

南道路の土地が日当たりも良くていいですが、容積消化を考えれば真北道路の方がメリットあります。


現在大田区で、北道路の土地で偶然にも南側が緑道という土地が出ておりますが、これなんかは容積消化を考えればメリット大です。



すっきり3階が入りますから。。



収益用地のポイントははやり「接道」。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
収益物件、一棟マンションを土地から仕込む!
「東京16区 収益物件の作り方」
土地から仕込む、妥協なしの新築一棟マンション・不動産投資
→→→ http://shuuekibukken.blog.fc2.com/
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
借地や底地のことでお悩み、困ったことはありませんか?
借地権、底地の専門サイト【借地底地ガイド】はこちら
借地底地banner_convert_20130228222728
→→→ http://shakuchisokochi.blog.fc2.com/
電話相談、メール相談はお気軽にどうぞ!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
耐震診断・耐震補強・耐震リフォームでお悩みはありませんか?
旧耐震基準建物、住宅、マンションオーナー向けサイト【耐震116】
top6.png
→→→ http://taishin116.blog.fc2.com/
無料相談・お問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/433-53a500f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示