リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

底地(貸宅地)とはどんな不動産【その4】  

底地(貸宅地)とはどんな不動産【その4】

最後、その3では底地の相続税についてご説明致します。
これは、とてもびっくりするような制度ですので、
あえて「底地の非現実的な相続税」と致しました。

相続税率は、現在最大税率で50%となっております。
(平成27年1月1日以後の相続から税率等が変更となります。変更内容については下記で随時ご確認ください。)
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/sozoku-zoyo.htm


以下は底地を所有したまま相続を迎えた場合のシュミレーションです。

<例:都内住宅地の底地の場合>
※相続税率50%の地主さんと仮定します。
路線価:27万/㎡ 面積150㎡
所有権価格:約4000万円(路線価ベース)
底地の相続税評価額=4000万円×底地割合40%=1600万円
※相続税は=1600万円×50%=800万円

ここで年間収入=22万円(地代収入-公租公課)
相続税800万円/22万円=36.36年
→ 相続税納付分を回収するのに約37年必要です。

底地を所有したままですと、相続税負担分すらも回収できない賃貸経営となります。

上記算定からも明らかなように、先祖代々底地を相続している場合、納税を繰り返せば確実に資産を減らす必要があり、これでは一体誰の為に所有しているのかわからないほど、高い税金を支払っているのが現在の制度です。
弊社では、底地を御所有の地主様には、底地の整理業務を行ったうえで優良資産への組換も積極的にご提案しております。

img_sokochi02.jpg


以上が「底地のデメリット その3」です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
収益物件、一棟マンションを土地から仕込む!
「東京16区 収益物件の作り方」
土地から仕込む、妥協なしの新築一棟マンション・不動産投資
→→→ http://shuuekibukken.blog.fc2.com/
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
借地や底地のことでお悩み、困ったことはありませんか?
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
「借地・底地の専門相談窓口」はこちら
→→→ http://shakuchisokochi.blog.fc2.com/
借地底地banner_convert_20130228222728
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
耐震診断・耐震補強・耐震リフォームでお悩みはありませんか?
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
→→→ http://taishin116.blog.fc2.com/
旧耐震基準建物、住宅、マンションオーナー向けサイト【耐震116】
top6.png
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/262-29c366f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示