リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

建物も「低燃費」が売れる時代に。 

建物も「低燃費」が売れる時代に。


家に「燃費」という概念、面白い。。

マンションであったり、戸建住宅であったり、
住まいという分野に15年以上関ってきてみて、
ここ7~8年の燃費性能はかなり向上してように思えます。

特にサッシ、「窓」。

築10年位のそこそこ新しいマンションでもガラスはまだまだ1枚ガラス。
今はほぼ間違いなく、ペアガラスを採用しております。

これは、建物の性能基準に「次世代型省エネルギー基準」とか、
目標となる指針を掲げて、それにメーカー側が商品を提供したのが大きいです。
特にコスト的な部分ですが。かつては高すぎてコスト調整で取りやめとなる場合がおおかったなぁ。


一つの目安ですが、室内にはいる冷気の70%は窓廻りといわれております。
それほど、窓廻りは建物の「燃費」上の役割は大きい。

先日リフォーム内覧会をした賃貸マンションでも、
賃貸物件では珍しく2重サッシを採用しておりますが、これが優れ物!
そして「断熱性」「遮音性」共に効果抜群です。。
CIMG2919.jpg

最近売買市場でも増えている、中古マンションの場合は、
上下左右は住戸に囲まれているので、断熱性能は高いです。

あとは、外部に面するサッシを2重にしてあげれば、
新築と大差ない暖かくて、快適なマンションが出来上がりです。
結露もゼロではありませんがほとんどしないですよ。。。

プラマド(YKK)、インプラス(リクシル)が主流ブランドですが、
価格もリーズナブル(90センチ角なら取り付け費込み4万もあればお釣りがきます)です。

北側居室の結露窓があれば、是非ご検討を。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
借地や底地のことでお悩み、困ったことはありませんか?
無料相談のお問合わせはお気軽に!!
「借地・底地の専門相談窓口」はこちら
→→→ http://shakuchisokochi.blog.fc2.com/
借地底地banner_convert_20130228222728
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/226-c4b14565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示