リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

「オーナーチェンジ」物件って? 


いよいよ副都心線、東横線相互運転。
ホームの掲示がかわりました。

小田急沿線から、西武沿線へ引っ越し、
仕事は東急沿線でこなし、、、
家から職場まで2回乗換でしたが、3月から直通です。


さて、
近所の中古マンション情報を調べていたら、
50㎡のマンションで「オーナーチェンジ物件」というものがでてました。

「オーナーチェンジ物件」といいのは、
買った人とがすぐに住めるというマンションではなくて、
入居者との賃貸借契約付きで、家賃収入付きで購入するというマンションのこと。


通常はこのような物件は、一般の不動産ポータルサイト等にはあまり掲載されず、
投資用物件のサイトに掲載されますが、時々一般の方のご覧になるサイトに掲載されています。

投資用物件とも言うが、物件によっては購入してから空室になった時点で売却すれば、
売却益が見込める物件もあります。

自己居住用のマンションを購入する場合は住宅ローンを使って購入しますが、
投資用物件は事業用のローンですので、金利も高いです。
又、利回りという指標で取引されるため一般的には自己居住用よりも安い価格で取引されます。

この価格差がうまくつかめれば事業性は高いということです。
マンションの価値も見方一つで変わります。
面白いですね。。。

近年サラリーマン大家さんが増えており、手始めにワンルームマンション投資が増えておりますが、
これもオーナーチェンジ物件ですね。

アベノミクスの影響か、ここのところ投資物件の価格が上がり気味な雰囲気です。
そんな雰囲気が業界ではささやかれつつあります。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/224-e0819b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示