リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

建築家とコラボしたデヴェロップメント 

今日は物件案内のついでと言ってはなんだが、
京王線「仙川」駅にある通称「安藤忠雄」通りに寄ってみた。



どのような場所かというと、
仙川周辺の地主さんが、建築家安藤忠雄の大ファンで、
一体開発のデヴェロッパーに住友不動産がはいるものの、
デザイン、設計はすべて安藤忠雄に依頼した、建築好きにとっては結構楽しめる場所。

安藤さんといえば、表参道ヒルズの設計で、一般の人にも有名かと思います。
元ボクサーで独学で建築を学び、世界中の建築を見て歩き、
東大教授までのぼりつめた、大阪のおっちゃんです。
コンクリート打ちっ放しのデザインが特徴です。
初期の作品を除けば、ほとんどがこのデザイン。
打ちっ放しというデザインに、
市民権を与えたといっても過言ではない方です。


下の写真は初期に建った部分で、
表参道ヒルズをうかがわせる通りに面する回廊がポイントです。
この建物は1階部分はテナントが入り上が住居となっております。




一方で反対側にはギャラリー風のテナント建物、劇場なんかも入ってます。
テナント部分の建物はは2007年築だが、
実はいまだテナントが入っていない、、、。
というか、値段を下げてまで地主さんは入れたくない。。のだろうか。



賃貸募集内容を見ると、やはり賃料設定の問題でしょうか。。。
http://building-search.jp/static/building_23541.html

通りに面したカーテンウォールなんか、ディテールまで安藤イズムが徹底されており、
個人的には好きですがね。。


そして去年完成した分譲マンション。
今回はこれを見に来ました。



完成からほぼ1年。
どれくらいが残っているかわかりませんが、やっぱり分譲マンションで打ちっぱなしは微妙、、
というお客さんの評価なのかもしれません。

「打ちっぱなし仕上げ」とは、コンクリートを打設した後にタイル等の仕上は行わず、
そのままで仕上完了という、コストもかからない仕上です。

だから安藤忠男をしらないひとがこのマンションをみると、
うわぁ、お金けちったぁ、、、って思ってもしょうがない。
ですよね。

とはいっても、安藤忠雄のマンションがえらい高く売れた!!!!
っていうニュースにも期待したが、見事に叶わず。

ちなみに僕が一押しの安藤建築は、
京都四条河原町にある「タイムズTIME'S」

times.jpg

建築に居ながらにして、川の流れを静かに取り込んだ、
さりげなく、記憶に残る、建築です。

京都にいったら是非。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/208-ae3e7100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示