リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

「天災」と「人災」 

先日、子どもが通う幼稚園から1通の手紙が来た。

内容はというと、、、

「先日の雪の影響により園バスの一部が遅延して、、、送迎時間に影響がでた、、、
ご迷惑をお掛けし深くお詫び、、、、、、」というもの。

テレビや交通機関でもよく見かける光景だが、

少しばかり違和感がある。。。

バスの送迎状況をもう少し掘り下げれば、

バスの運転手さんが、道路状況や、運航ルートの特徴をみて、

迂回したり(ちょっと坂道もあるので、)、中止したりしたんだろう、、、、

きっと現場の運転手さんは、「安全」に配慮して、幼稚園の責任者に報告したのだろう。


だから、正確には

「安全を最優先してとった行動故、ご理解の程、、、」というべきではなかったか。

「人災」なのか「天災」なのか、これじゃ運転手さんもかわいそうだ。

なにも雪道でもなんでも運転できるドライバーにしてくれ、という親はいまい。。

(モンスター何とか、なら言うかもしれないが)


「電車の遅延」も同じだ。

最近人身事故によくあたったが、

人身事故が起きても時間通りに運転しろというほうが、間違いだ。

なんでもかんでも誤るから

勘違いをして運転手に

「遅刻してんだよ、どうしてくれんだ、、、!!!」というおかしな人が「人災」で生まれる。

停止している電車中をみても、やっぱり

「しょうがないよ。。」ってケータイでしゃべっている人が多い。

まともな人は多いのだ。と信じたい。



最後は「不動産取引」だ。

建物の工事がからむ「建売住宅」は特に注意が必要。

天候等の影響で工事が予定通り進まない可能性がある等等。。

買主さんには必ずそのように補足を行うようにする。

説明しても「そりゃそうだよね。。」と言って頂ける方がほとんどだが。。



謝罪する前に責任の所在を要確認。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/2-6cffdb36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示