リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

九州 長崎地方の住宅事情 

郷里、長崎は諫早へ所用で帰省した。

かつて街にはレンガ造りの長崎刑務所という建物があった。
自宅からは歩いて直ぐの場所にあり、通学や遊び場には欠かせない場所であった。
(時々囚人が脱走することもありましたが、ごくごく平和な町でしたよ。)
これが僕の原風景となり、建築に対する思いや考え方の根幹となっているような気がする。
f0059014_014275.jpg
1908年(明治41年)築。当時国内には五大監獄(千葉・奈良・金沢・長崎・鹿児島)といわれる刑務所が建築されたが、長崎刑務所もその一つとして開設。設計は山下啓次郎という方で、実はジャズピアニスト・山下洋輔の祖父だそうだ。

そして今は区画整理事業によってまったく違う街に変貌した、、


廃屋となった刑務所の利用計画は、住民アンケートや議論された後、イオン系のスーパーや、幼稚園や分譲地等へと実現された。
実家にきてまで、スーパーばりゅーかよと思ったけど、地元民にとっては質やサービス共に好評なようだ。
自分もそう思う。

田舎の分譲地はどんなもんかと思いウロウロしてみた。

一言でいうと、東京よりも建物のグレードは遥かに高い。広さはもちろあだか、使っている材料、エクステリアの雰囲気まで。

そして、出たぁ!!!
平屋、ひらや、、、、。


二階建て、三階建ての家に何気なく住んでいるが、本当に贅沢な家って平屋だと思う。
階段なし、高い天井、太陽をふんだんに取り入れた家って贅沢だよなぁ。

ちなみに価格はどれ位かというと、
土地で1000万前後。
建物はピンキリと思うが2000から3000万程度。

いつも言っているとこだが、
都会と田舎で違うのは、土地値。
10倍と言っても過言ではない。
建築コストはせいぜい、2、3割安い位だろう。

建物を大事に使いまわして、ストックを有効活用しようとする文化はこのような地域のほうがよりマッチしているのかもしれない。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/195-13abffd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示