リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

民間賃貸を活用したセーフティネット整備 

≪住宅新報より≫
政府は12月24日、2012年度予算案を閣議決定した。一般会計予算は前年度比2.2%減の90兆3339億円となった。
住宅・不動産関連施策では、中古流通市場の環境整備に1億2000万円を計上。宅建業者のリフォーム提案をはじめとするコンサルティング能力向上や、他業者との連携促進を行う。また、病院など公益的施設での不動産証券化手法の活用に向けた環境整備にも1300万円を計上した。加えて、民間賃貸を活用したセーフティネット整備に100億円を計上。適切な管理が行われることなどを条件に、民賃空き家の改修費用を戸当たり最大100万円助成する。断熱性能向上や再生可能エネルギーの活用などで年間の一次エネルギー消費量が概ねゼロとなるゼロ・エネルギー住宅の推進にも23億円を計上。同住宅に取り組む中小工務店に戸当たり最大165万円を補助する。(以上)

昨年「ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業」交付をあるオーナー様に提案したところリフォームのタイミングであったこともあり利用させて頂いた。最初は結構厳しい審査かと思いきや断熱関連の性能を証明する書類添付のみで済んだ。震災の影響もあり工事は伸びたものの結果として100万円が交付され、マンションの断熱仕様はかなり向上したように思えた。今回は100億円が計上されいる。中小工事店にとっては明るいニュースである。オーナー様、工事関連業者と是非共有したい情報である。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/17-5eac9421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示