リフレム/CRAFT 代表 緒方大介のブログです。

一級建築士・不動産戦略コンサルタントとして活動中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

情報「処理」能力、情報「編集」能力 

学校でどうして、音楽や体育を習うのか、、、と聞かれたら?
なるほど、と思ったのでスクラップしました。



ネットで大量に情報収集ができるようになってから、
情報そのものに価値があるのではなく、
情報をいかに使いこなすことが価値なのだと思う。

来た情報を処理するだけでなく、
組み合わせるとどうなるのか想像してみたり、
そしてまったく違うものに仕立て上げてみたり、、、
これが情報「編集」能力というものか。
「変革」よりも「変化」するということ。

不動産情報がFAX等の紙媒体で共有されていた時代(経験ありませんが、)
には本当に情報をたくさん持っていた業者には価値があったのだと思う。

でも今は、オンラインで共有ができるので、
情報そのものよりも、
情報の善し悪しを選別する「めきき」に価値があるのだと思う。

その時代に沿うように、コンサルティングという言葉も定着してきつつあり、
ほぼ市民権を得つつあるように思う。(まだまだ知らない人も多いが。)

紹介した記事を書いている、藤原さんは民間企業リクルートでの仕事経験があり、
学校長という公の職につくことで、独自の「めきき」が養われたのではないかと思う。

違う立場に立って再考すれば、新しいい気付きが得られるのはわかっていながら、
なかなかできないことだ。

何事も経験すること。

[edit]

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://daisukeogata.blog.fc2.com/tb.php/142-c0ecfe47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

OgataDaisuke

RSSリンクの表示